届け、頭の中のあなたへ。

心理学・行動分析学・脳科学などに基づいたウンチクを呟くブログ。英語、資格、恋愛、株式。時々旅行。

【攻略】街コンで使えた恋愛工学テクニックを紹介する

 

 
前記事の続きです。

 

今日は、僕が街コンで使ってみて効果的だと感じたテクニックについてお話したいと思う。

 

藤沢数希先生や様々なナンパ師の方のブログやメルマガで、きっともっと素晴らしいテクニックが公開されていると思うので、僕のはあくまで参考まで。

 

1. 相手がウケ狙いで話した話しに笑わない

恋愛工学を学んでいない人のためにおさらい。

 

女性と出会ってから一夜を共にするまでにはACSという3つのフェーズがある。

A (Attraction)フェーズ:相手を魅了し、男性として意識させるフェース

C (Comfort-building)フェーズ:相手となごみ、仲良くなるフェーズ

S (Seduction)フェーズ:性的に相手を魅了し、S◯Xへ持ち込むフェーズ

 

恋愛工学では必ずこのフェーズを踏まなければならず、一つでも怠ると失敗に終わる。

 

例えば、Aフェーズを怠り、C->Sへと行こうとすれば、男として見られず、友達フォルダへとドラックアンドドロップされてしまい、Sフェーズで家やホテルへの同行を拒否されてしまう。

 

一方、Cフェーズを怠ってしまえば、Sフェーズへシフトする際に警戒心を持たれてしまい、拒絶された挙句に以降連絡を取れなくなってしまう可能性が高くなる。

 

街コンは出会いの場なので、最初はAフェーズを意識しなければならない。

 

そこで僕が使ったテクニックが、

”相手がウケ狙いで話した話でも、面白くなければ笑わないこと”

 

たまに、女性の話をニコニコ(ニヤニヤ)しながら聞いている人がいますが、

これは間違いだ。

ニヤニヤした時点で、この人は女の前ではデレデレになってしまう弱い男だと言うレッテルを貼られてしまい、その時点でアウト(男としての魅力なし)となる。

 

これはビジネスでもそうだが、自分が上司に質問された時に、自分の勉強不足で答えを知らなかった場合に

「あ、ちょっとわからないですね、HAHA(笑)」見たいな返答をする人よりも

真顔で「勉強不足ですみません。即答できません。」

とはっきり誠意を見せた方が上司からの評価が圧倒的によくなるのと同じことだ。

 

しかし、ずっと笑わなければただの気難しい男になってしまう。

 

だから、本当に面白かった話をした時だけ、声を出して大きく笑うことが重要だ。

 

自分が面白い話をしてウケた時も大きく笑おう。

大きく笑うことで、隣のテーブルの女性からも盛り上がっているように見せることができるし、良く笑う人には自然と質問が飛んでくる。

 

よって”相手がウケ狙いで話した話でも、面白くなければ笑わないこと、本当に面白い時だけ大きく笑おう”

 

2. MCになる

自分がMC(ファシリテーター)になることを徹底しよう。

 

自分から複数の女性に対して質問を投げかけ、話をまわすべし。

基本的に女性は自分の話がしたいので、自己紹介系のつまらない面接は適度に終わらせて、 お互いの価値観が出る話題を投げよう。

 

相手との距離感にもよるが、

例えば

・好きな異性のタイプは?

・どこからが浮気?

・転職するなら、何になりたい?

・何をされたときに怒る?

など 

そして相手に共感して価値観を共有しよう。

 

また、テーブルに3対3や4対4になると会話に入ってこれない女性も出くる。

そのような女性には率先して質問をしてあげよう。

 

そのような女性は人見知りをしているだけなので、質問し言葉数を増やしてあげるだけでそのうち自然と自ら話に入ってくるようになる。

 

3. 愛のあるイジりをする

恋愛工学では"ディズる技術"と言うテクニックがあります。

これはS級の女性、つまり常に男性にモテモテで、男性をいつもあしらっているような女性に使う技術で、相手をディズる(けなす)ことで相手の価値を自分のレベルまで下げるテクニックです。

 

藤沢数希先生の著書「僕は愛を証明しようと思う。」でもある通り

男「それって本物の爪?」

女「これはつけ爪」

男「なんだ本物じゃないんだ、じゃぁ髪の毛もカツラとか?」

女「これは本物!私もモデルの仕事もしてるんだから」

男「あ!手のモデル?つけ爪の宣伝とか」

女「違うよ!読者モデル!」

これである。

 

これが良く勘違いされやすい。

ディスる技術と言う名前からきっと勘違いされやすいのだと思うのだが、

「可愛くないね」や「頭悪そう」などの決めつけや相手を傷つけるようなものはダメである。

 

じゃぁどうすれば良いのか?

それは”愛のあるイジリ(ツッコミ)”をすることである。

 

学生時代に良く見る

男「 お前バカだな」

女「そんなことないもん(ハート)」

と言う、イチャイチャに近い愛のあるイジリ(ツッコミ)である。

 

少し例えになっていないかもしれないが、最近のTikTokの動画にある

男が握りこぶしを何か握っているかのように女の子に見せて、女の子がそれを受け取ろうとした流れで手を恋人繋ぎにし、女の子が「あほちゃうん(ハート)」となるあの一連の流れのような雰囲気だ。

 

僕が時々使うのは、

良く酒を飲む元気な女性には「飲み方海賊か(笑)」と言うとだいたい「バカー(ハート)」が返ってくる。

 

芸人の千鳥のノブのツッコミを参考にすると良い。

 

 

 

続く