届け、頭の中のあなたへ。

心理学・行動分析学・脳科学などに基づいたウンチクを呟くブログ。英語、資格、恋愛、株式。時々旅行。

【RIZAPダイエットの内容】RIZAPって結局何やってるの?

 

 

最近、タレントの菊地亜美さんが激痩せしたことで、再びRIZAPが注目を集めている。

 

www.youtube.com

  

RIZAPといえば、森永卓郎さんやAKB48の峯岸みなみさん、香取慎吾さんなどなど数々の芸能人が激ヤセし、そのダイエット効果は間違いないとされている。

 

まさに宣伝の通り、「結果にコミット。RIZAP。」だ。

 

f:id:battle_pianist:20190421160141p:plain

 

しかし実際問題、

「RIZAPに入会して、若い頃の自分のようにスリムな体型になりたい!」

とは思うものの、「数十万円は出せない!」

そう思っている人が世の中のほとんどなのではないだろうか。

 

そう思い、僕はインターネット上に書いてあるRIZAPの内容に関する情報を、無料で手に入るだけ調べてみた。

 

今日は、ダイエットコンサルであるRIZAPがどんなシステムで、どのようなことをしているのか簡単に紹介する。

 

目次

 

1. RIZAPのシステム

1.1 プログラム

f:id:battle_pianist:20190421160156p:plain

 

RIZAPにはスタンダード、スペシャル、アクティブの3つのプログラムがあるようだ。

 

基本的に、芸能人が行っているのは

スタンダードプログラム(減量に特化したプログラムで理想のカラダ)」だ。

 

f:id:battle_pianist:20190421160209p:plain

 

さらに、トレーニングの内容は3つのコースに分かれているらしい。 

その中でも最もスタンダードなコースが、

「シェイプアッププログラム」で1日50分のトレーニングを週2で2ヶ月行うコースだ。

 

金額は一番安いもので、2ヶ月コースで298,000円(税別)

 

やはり高い。。。

 

f:id:battle_pianist:20190421160223p:plain

1.2 料金体系

スタンダードのシェイプアッププログラム (2ヶ月)にすると料金は以下になる。

入会費:50,000円

プログラム:298,000円

プロテイン:16,000円

燃焼系サプリ:8,000円

合計:372,000円(税別)

 

一番安い選択肢を選んでも40万円(税込)を超えるようだ。(高けぇ。。。)


2. RIZAPの内容

具体的な内容に入っていきたい。


f:id:battle_pianist:20190421160239p:plain

 

RIZAPでは、3つのアプローチで結果にコミットする。

 

1. 短期間で結果をだすトレーニング

・・・トレーナーの指導による週2回、1日50分の筋力トレーニングがメイン。

2. しっかり食べて痩せる食事管理

・・・低糖質食事法の知識をしっかり備えた専任トレーナーにより、食事を“制限”するのではなく“選んで食べる”ことが習慣となるような指導を行う。

3. 成功に導く挫折させないメンタルサポート

・・・サポートしてくれるのがトレーニングのエキスパートであることはもちろんのこと、栄養や心理学までも身に付けた、ライザップ専属のトレーナー。トレーニング期間中の食事を2ヶ月間、180食分メールでアドバイス。

 

2.1 トレーニング

RIZAPのシェイプアッププログラムでは週2回、1回50分のトレーニングを行う。

なぜ筋トレをするかというと、基礎代謝をあげるためだ。筋肉量が増えると基礎代謝が上がるため、痩せやすい体を作ることができる。

 

最初はスクワットを行い基礎代謝を高めるために最も鍛えるべき筋肉の1つである太ももを鍛えるそうだ。

 

負荷の軽いスクワットを1回で何十回も行う筋トレではなく、15回が限界くらいの重量のバーベルを担ぎ、1回あたり10秒かけてスクワットを行う。

【スクワットの場合のセット数】

・スクワット15回を3セットで45回
・片足スクワット15回を2セットずつで、両足で60回

 

トレーニング内容については人によって様々で、これはRIZAPのトレーナー次第のようだ。トレーニング内容についてはRIZAPから書籍が出ているようなので、参考にしてみると良いだろう。

 

 

2.2 食事管理

食事管理はルールがいくつかある。

2.2.1 栄養のバランス

1日あたりの食事の栄養摂取目安

タンパク質:110g
糖質:50g以下
脂質:120g

 

【タンパク質】

タンパク質を摂取する理由

筋肉はタンパク質から作られてる。

タンパク質が不足してしまうと、筋力が低下してしまい、それに伴い代謝が落ちてしまうそうだ。それにより痩せにくい体になってしまう。だからタンパク質は十分に摂取する必要があるそうだ。

 

タンパク質の摂取量に関しては、人の体重によって摂取量は変わるようで、RIZAP流の公式としては、

1日で摂取すべきタンパク質量は:体重×1.4倍のグラム数を摂るのが目安だそうだ。

つまり70kgの体重であれば、98gのタンパク質摂取が必要になる。

(参考までに、ボディービルに参加するような人は体重の2倍のタンパク質摂取を目安とするそうだ。)

 

【糖質】

「RIZAPと言えば糖質制限」という印象が強いが、その印象は間違っていないようだ。

 

糖質を抑える理由

糖質を摂取すると血糖値が上がり、血糖値を下げる働きをするインスリンが分泌される。

その血糖値を下げる過程で、血中の糖分を脂肪に変え、身体に貯め込むように働くため太るのだ。

しかし、血糖値の上昇が緩やかであれば、インスリンは過剰に分泌されることはないため、出来るだけ糖質の摂取量を抑えることで、脂肪への変化を防ぐことができる。

また、糖質を減らすことで、身体は中性脂肪を燃焼させエネルギーを創るため、糖質を下げることで一石二鳥の効果が得られるのだ。

 

1日の摂取量は50g以下

ローソンのシーチキンマヨネーズのおにぎりの栄養素を見てみると炭水化物が33.2gもある。

f:id:battle_pianist:20190421160314p:plain

炭水化物は糖質と食物繊維から成り立っていて食物繊維は3g程度なので、おにぎり1個食べるだけでも30gもの糖質を摂取してしまうのである。

 

つまり米やパンや麺はほとんど食べられないと言っても良いだろう。

 

栄養素については、ライザップから糖質量ハンドブックというのもどうやら発売しているらしいので参考にしてみると良さそうだ。

 

 

2.3 挫折させないメンタルサポート

RIZAPでは「ライザップ touch」というRIZAP独自のアプリで、食事を管理する。

 

このアプリでは以下のことができる。

1. 食事の管理

 アプリ上には約6万種類の食事のデータが登録されており、食べたものを入力するとタンパク質、脂質、糖質の摂取量を表示してくれる。

2. 目標の達成度

 グラフとカレンダーで目標に対する達成度を表示してくれる。これによりダイエットの進捗状況を把握でき、モチベーションを保つことができる。

3. トレーナーへの報告

 朝の体重、朝の起床時間、朝の体温、排便の有無、睡眠時間などを毎日記録し、トレーナーと共有できる。記録内容を元にトレーナーからフィードバックがもらえる。

 トレーナーからのフィードバックや、トレーナーに見られているという感覚がダイエットを継続させることができる理由の1つなのかもしれない。

 

f:id:battle_pianist:20190414174329j:plain

3. まとめ

今回は簡単ながら、インターネット上に乗っているRIZAPに関する情報をまとめてみた。

これを自分の力だけで達成できれば、RIZAPへ40万円払わなくとも確実に痩せられるというわけだ。

しかし、RIZAPのパーソナルトレーナーが決めてくれるトレーニングメニューや、食事管理のサーポート、モチベーションのマネジメントなどは入会しないと得られないサービスなので、一人で達成するためには強い意志が必要そうだ。